MENU

物性乳酸菌とは

動物性乳酸菌は、ヨーグルトや乳酸菌飲料などに含まれている一般的な乳酸菌です。動物性乳酸菌は、植物性乳酸菌のように、過酷な環境でも生きていくことができる菌ではなく、単独ではないと、栄養が豊富な場所ではないとすぐに死滅してしまうと言われています。胃酸や熱にも弱いのですが、ヨーグルトやチーズなど、様々な食品に含有されているため、食事の中から取り入れやすいと感じる人が多いとされています。動物性乳酸菌は、胃酸で死滅してしまうのですが、たとえ乳酸菌が胃酸で死滅してしまった場合でも、腸内環境を整える事が可能です。できれば生きたまま腸内に届けた方が良いとされていますが、死滅してしまった場合には、食物繊維となり、腸内環境を整える手助けをする事がわかっていますから、乳酸菌サプリなどから、積極的に乳酸菌を摂取すると良いでしょう。
ヨーグルトやチーズなどは、食べ過ぎてしまうと、お腹がいっぱいになってしまい、他の食品を摂取する事ができなくなってしまったり、たんぱく質の過剰摂取になってしまい、栄養の偏りが生じてしまいます。ヨーグルトの場合には、1日200グラム程度までとなっていますが、ヨーグルト200グラムでは1日に必要な乳酸菌の量に全く届いていませんから、乳酸菌サプリを摂取する方が、効率よく、乳酸菌を体内に取り込むことができるでしょう。動物性乳酸菌の種類は非常に数多いため、様々な乳酸菌の中から自分の体に合った乳酸菌を探し出す必要がありますから、自分にあった乳酸菌に辿り着くまで長い目で見て乳酸菌サプリの摂取を行いましょう。

このページの先頭へ