MENU

乳酸菌サプリQ&A【乳酸菌の疑問集】

乳酸菌サプリで多い失敗とは

乳酸菌サプリで多い失敗としては、乳酸菌であれば、どれも同じであると思ってしまっている人の場合、失敗となってしまう事が多いとされています。
乳酸菌は種類によって効果が異なりますから、どの乳酸菌でも、インフルエンザ予防に効果があるわけではありません。腸内環境を整える事で、免疫力を高める事は可能となりますが、それぞれ乳酸菌の種類によって効能が異なりますから、必ず効能を調べた上で、乳酸菌を選ぶようにすることで、失敗を防ぐことができます。
その他の失敗としては、乳酸菌が自分の体に合っていないのにも関わらず、継続して乳酸菌サプリを服用しているような人も少なくありません。乳酸菌は人によって合う合わないがありますから、自分に合う乳酸菌の種類を選ばなければ、継続して服用していても、何の効果も得る事ができませんから、注意しましょう。
サプリメントを服用する場合、夜寝る前の方が、吸収率が高くなるからと思い、乳酸菌サプリを寝る前に服用しているような人もいますが、乳酸菌は、食後に摂取する事で、生きたまま腸に届ける事が出来ると言われていますから、お腹がすいている時や寝る前よりも、食後の摂取を心掛ける事も大切です。
その他にも、乳酸菌を1つに絞らずに、その日によって違う乳酸菌を摂取してしまうような場合にも、乳酸菌の効果を得にくい状態となってしまいますから、他の乳酸菌を摂取する場合でも、毎日摂取する、基本の乳酸菌を決めておくようにしましょう。

乳酸菌はどのように働くの?

乳酸菌は、主に小腸にいます。乳酸菌サプリから取り込まれた乳酸菌は小腸で、善玉菌となり、悪玉菌をやっつける手助けをするのですが、小腸に届いた乳酸菌は、小腸を活性化し、免疫力アップ、炎症を抑える効果があります。その他にも、発がん性物質を抑える効果がある事もわかっていますし、コレステロールを抑制させる効果もあります。腸内に善玉菌となる乳酸菌が増える事で、体の中でビタミン類を生成させるためにも役立つとされていますし、腸内を酸性にする事がわかっています。悪玉菌は酸性を嫌いますから、乳酸菌により、乳酸を多く作り出すことができれば、悪玉菌を除去する事ができるとされているのです。腸内環境が酸性になることで、痩せやすい体質を作ることができるという事もわかっていますから、乳酸菌サプリにより、腸の中にしっかりと乳酸菌を送り込むと良いでしょう。
乳酸菌の働きとしては、腸の中の水分を一定に保ち、下痢や軟便を防ぐことができるとされています。この水分を一定に保つことができる働きを、ホメオスタシスと呼び、ホメオスタスシの働きが、腸内環境を整えるために非常に大切であるとされています。
腸内環境が良くなることで、様々な病気を未然に防ぐことができるだけではなく、太りにくく、そして体が健康になると言われていますから、便秘や下痢を甘く見てはいけません。乳酸菌サプリにより、健康な体を維持する事が出来るようにすることで、元気に毎日を送ることができると考えましょう。

善玉菌と悪玉菌の違いとは

腸の中には、善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌があります。
乳酸菌サプリから取り入れる事ができる乳酸菌は、善玉菌となり、腸内環境を整えるために役立ちます。悪玉菌は、便秘や下痢を引き起こしてしまう原因となります。
善玉菌と悪玉菌は、日々戦っており、善玉菌が多くなることで、腸内環境が良くなり、悪玉菌が腸の中で優勢になると、下痢や便秘となってしまうと言われています。日和見菌は、優勢となっている方の見方をする菌となりますから、善玉菌が多ければ、善玉菌の手助けをしますし、悪玉菌が多ければ、悪玉菌の手助けをする菌となります。そのため、乳酸菌サプリなどから乳酸菌を取り入れたり、食物繊維を取り入れ、腸の動きを活発にし、腸の中の宿便を排出する事ができれば、腸内環境は、いつでも善玉菌が非常に多い状態を保つことができますから、腸内環境を整えることができるとされています。
普通に生活をしている中で、便秘や下痢となってしまう人の場合、普段の食生活の中だけでは、善玉菌を増やすことができていない事が予想されますから、積極的に乳酸菌サプリなどを取り入れ、腸の中に善玉菌を増やす努力を取り入れる事が大切となります。
悪玉菌が増えたままの状態となってしまい、便秘が続いてしまうと、お腹が張って苦しくなるだけではなく、痔になってしまったり、太りやすくなってしまう事もありますし、毒素が体内に回ってしまいますから、善玉菌を増やすためにできる事を取り入れてみましょう。

腸内フローラとは

人間の腸の中には、非常に様々な菌がいます。乳酸菌サプリから、1種類の乳酸菌を摂取した場合であっても、腸の中に存在する菌は1つではなく、数多い菌が共存している事になります。菌は、バラバラに腸の中に存在するのではなく、同じ種類のグループごとにまとまって、並んでいると言われています。腸の中を顕微鏡でのぞき込むと、そのグループごとに並んでいる菌が、お花畑のように見える事から、腸の中の状態を腸内フローラと呼びます。人によって腸の中にいる菌は異なりますから、腸内フローラも人それぞれ全く異なります。
理想的な腸内フローラとしては、善玉菌が2、悪玉菌が1、日和見菌が7であると言われています。ですが、食生活や、日頃のストレス、生活習慣の乱れなどから、悪玉菌が増えてしまう人は非常に多く、綺麗な色の腸内フローラではなくなっている人が非常に多いとされています。そのような人には、乳酸菌サプリが非常に効果的となりますから、いつでも、善玉菌が優勢となるように、乳酸菌サプリを取り入れるようにしましょう。
腸の中を綺麗に保つ意識を取り入れている人は意外と少ないのですが、腸の中の菌だけを取り出した場合、1キロから1.5キロ程度の菌がいると言われていますから、少しでも善玉菌の数を増やし、綺麗な腸内フローラを維持するように心掛けましょう。腸の中の菌は、腸の中でしか生きていくことができないとされていますから、乳酸菌サプリなどから積極的に摂取する事が大切となります。

このページの先頭へ