MENU

乳酸菌サプリの効果を高めるために

乳酸菌サプリは、摂取に仕方によって効果が異なります。
少しでも多くの乳酸菌を生きたまま腸に届けたいと考えるのであれば、乳酸菌サプリの摂取は、食後に取り入れるようにしましょう。乳酸菌は胃酸に弱く、お腹がすいている時に摂取してしまうと、胃酸により死滅してしまうと言われています。そのため、食後に摂取し、できるだけ胃酸の影響を直に与えてしまう事がないようにすることで、効果を高める事ができると言われています。
その他にも、善玉菌を増やし、悪玉菌を増やさないようにすることで、乳酸菌を活発に働かせることができるとされていますから、食物繊維やオリゴ糖なども積極的に取り入れるようにしましょう。悪玉菌を増やしてしまうと言われている、肉類は出来るだけ控える事も大切です。食物繊維は便を排出するために効果的となりますから、善玉菌を増やすために非常に効果的となるのですが、オリゴ糖は、乳酸菌の餌となる物ですから、乳酸菌と一緒に摂取する事で、乳酸菌を活発にすることが可能となります。
乳酸菌サプリには、決められた種類の乳酸菌しか配合されていない場合が多いのですが、様々な乳酸菌を体内に取り込むことができれば、それだけ乳酸菌の効果を得やすいとされていますから、乳酸菌サプリだけに頼らず、ヨーグルトや乳酸菌飲料を摂取したり、乳酸菌が含まれている漬物を食卓に並べるなど、食事の中からも積極的に乳酸菌を取り入れるようにすると良いでしょう。

乳酸菌サプリの効果を実感する

乳酸菌サプリを摂取し始めたからといって、免疫力が高くなったり、代謝が良くなったり、ウィルスを抑制する事は、目に見える物ではありません。
そのため、サプリメントの効果を得る事ができているのかどうか、わからないと感じる人が非常に多いとされています。
乳酸菌サプリの効果が出ているのかどうか、確認する方法としては、便の状態を確認すると良いとされています。便通が正常になっていなければ、乳酸菌サプリの効果が出ていないと判断する事ができますから、サプリメントの服用を開始してから次第に自然なお通じが来るようになったり、軟便が解消されるようになれば、乳酸菌サプリの効果が出ていると言えるでしょう。
乳酸菌サプリを摂取する事で、得る事が出来る効能は、腸内環境が良くなることで、得る事が出来る物となりますから、腸内環境が良くなっていなければ、他の種類の乳酸菌に変える必要があります。目安としては、1ヶ月から2ヶ月程度、継続して同じ乳酸菌を体内に取り入れ、腸内環境が良くなるかどうかを確認してみましょう。2ヶ月毎日継続しても、腸内環境が良くならない場合には、その乳酸菌が自分のお腹に合っていない事がわかりますから、乳酸菌の効能を得る事が出来ていない状態となります。
良い便としては、茶色か黄土色の便であり、硬すぎず、柔らかすぎず、バナナ状であり、バナナ1本から1本半程度であると、腸内環境が整っている良い便であると言われています。

乳酸菌サプリは何歳から摂取可能?

乳酸菌サプリは、過剰に摂取してしまった場合でも、体に不調が起きてしまう事はありません。そのため、子供でも乳酸菌サプリを摂取する事が可能となります。
母乳を飲んでいる赤ちゃんの場合、便の中は善玉菌で溢れており、乳酸菌を摂取する必要はありません。卒乳を行い、離乳食が始まる頃になると、徐々に善玉菌が少なくなっていく子供が多いとされていますから、乳酸菌の摂取がお勧めとなる時期としては、3歳頃からが良いとされています。子供世代から乳酸菌を多く摂取していれば、免疫力アップをする事ができますから、風邪をひきにくく、いつでも健康な状態を維持する事ができるのですが、子供にサプリメントを服用させる事に抵抗がある場合には、ヨーグルトや、乳酸菌飲料などを取り入れ、子供でも毎日乳酸菌を体の中に取り込むと良いでしょう。特に、最近ではアレルギーを持つ子供が非常に多いため、乳酸菌を取り入れる事で、アレルギー体質の改善にもつながりますから、子供世代から乳酸菌を摂取する事がお勧めとなります。
一般的に販売されている乳酸菌サプリの場合、乳酸菌だけではなく、その他の栄養素も一緒に配合されている物が多いため、子供に乳酸菌サプリを服用させる場合には、その他に含まれる栄養素の配合量をチェックするようにしましょう。サプリメントの中には、1日に上限がある栄養素が含まれている物もありますから、子供でも摂取できるサプリメントを選ぶ事が大切となります。

乳酸菌サプリの口コミを調べる

乳酸菌サプリは、様々なメーカーが販売していますから、非常に数多いサプリメントの中から、どのサプリメントを選べばよいか、迷ってしまう人が多いとされています。
乳酸菌の種類によって、効能が異なりますから、効能で選ぶ事も良いのですが、乳酸菌サプリの口コミをチェックする事で、サプリメントを実際に試した人の評価を知ることができますから、お勧めです。
乳酸菌サプリは、数が多いため、ランキングサイトなどもありますから、人気があるサプリメントを選べば、それだけ失敗となりにくくなりますし、ランキング上位に入っているサプリメントの場合、価格も手ごろであり、継続しやすい価格帯となっている物が多いとされていますから、ネットを利用して、情報収集をした上で、購入する乳酸菌サプリを選ぶと良いでしょう。
口コミをチェックする事で、多くの人が、腸内環境を整える事ができたというようなサプリメントであれば、安心して服用を開始する事が出来るのですが、多くの人が、効果を感じる事がないとされている口コミが多く掲載されている場合には、購入は控えた方が良いでしょう。口コミには、サプリメントの形状や味わいなども記載されている事が多いため、ヨーグルトや牛乳が苦手な人にもお勧めのサプリメントを口コミでチェックする事が出来ますから、サプリメントを購入してから失敗と感じてしまうリスクを下げる事が可能となります。自分自身で決める事が出来ない場合には、上手に口コミを活用しましょう。

乳酸菌サプリはどのくらいで効果が出るの?

乳酸菌サプリの服用を開始すると、およそ2週間前後で、腸内環境が良くなってきている事に気が付くような人が多いとされています。乳酸菌サプリの効能を得る場合には、腸内環境が良くなっていないと、服用が意味のない物となってしまいますから、便通にて、サプリメントの効果があるかどうかの判断をする事になります。人によっては、元々悪玉菌が非常に多く腸内にあるような人もいますから、必ずしも、2週間で効果が出るわけではありません。継続して同じ乳酸菌を摂取する目安としては、2ヶ月程度、服用を続け、様子を見てみると良いでしょう。1ヶ月経過しても、全く効果を感じる事が出来ない場合には、食物繊維などを豊富に摂取し、まずは腸の中に溜まっている宿便を排出した上で、乳酸菌サプリを腸に届ける事で、善玉菌が増えやすい腸内環境を作りやすくなるとされています。
非常に自分に合っている乳酸菌であった場合には、翌日には、その効果を実感する事ができるとされていますが、まずは継続する事が大切となります。
乳酸菌の種類が自分の体に合っていなければ、どんなに継続してサプリメントを服用したとしても、腸内環境が良くなることはありません。そのため、2ヶ月を目安に摂取をし、それでも全く今までと便の状態が変わらない場合には、その他の乳酸菌に変更する事が必要となります。違う乳酸菌サプリを選ぶ場合には、乳酸菌の種類を確認し、同じ乳酸菌が配合となっていない物を選ぶ事が大切となります。

乳酸菌サプリが体に合わない場合には

乳酸菌サプリを継続摂取しても、全く腸内環境が良くならない場合には、その他の乳酸菌サプリに変える必要があります。
乳酸菌は、過剰摂取を行ってしまったとしても、副作用がない物ですし、妊婦や授乳中である人、子供でも摂取が可能となる物ですから、乳酸菌の種類を変えたからといって、体に悪い影響が出てしまう事は一切ありません。サプリメントは薬とは異なり、即効性がないのですが、その分、効果が緩やかに出てくる場合が多いとされています。
人によっては、乳酸菌の効果が出過ぎてしまう事で、軟便になってしまったり、おならが出やすくなってしまうような人もいるのですが、元々便秘体質である人の場合、通常の便が出るようになることで、お腹が緩くなっているように感じている場合がほとんどで、乳酸菌サプリにより、下痢をしてしまっている状態とは異なります。確実に下痢になってしまう場合や、便秘が改善できない場合には、乳酸菌が体に合っていない事になりますから、便の状態をバロメーターとし、乳酸菌サプリに効果があるのかどうかを調べてみると良いでしょう。
腸内環境が良くならない人であっても、サプリメントの服用方法により、自分自身で効果が出ないような状況を作ってしまっているような場合もあります。お腹がすいている時にサプリメントを服用し、胃酸で乳酸菌をやっつけてしまっていたり、肉類を多く摂取しているような場合には、腸内環境が良くならない場合もありますから、摂取方法を見直してみる事も大切となります。

乳酸菌サプリと乳酸菌飲料のどちらが良いの?

サプリメントの服用があまり好きではない人の場合、乳酸菌飲料や、ヨーグルトなどから、乳酸菌の摂取を検討するような人もいます。乳酸菌サプリは、飲むだけとなりますが、乳酸菌飲料や、ヨーグルトは、味わう事ができ、そしてお腹にも溜まりますから、朝一番に、乳酸菌飲料や、ヨーグルトを食べる事を習慣にしているような人もいます。
毎日習慣づける事が出来ているのであれば、乳酸菌サプリを服用しなくても、乳酸菌飲料や、ヨーグルトでも、乳酸菌を補う事は可能です。ですが、元々乳酸菌は酸っぱい物であり、それを食べやすくするために、糖分や添加物などで加工した上で乳酸菌飲料やヨーグルトなどに加工されている物が多いですし、1個食べただけでは、1日に必要な乳酸菌が足りないような場合がほとんどとなりますから、乳酸菌サプリの方がお勧めとなります。
ヨーグルトの中には無糖タイプの物もありますから、余分な糖分を摂取したくないと考える場合には、無糖タイプの物を選ぶ事も良いでしょう。無糖タイプのヨーグルトに、オリゴ糖で甘みを加えると、オリゴ糖が乳酸菌の餌になり、そして甘みも補う事ができますから、お勧めです。ですが、乳酸菌飲料となる、ヤクルトの場合、1日に必要な乳酸菌を補う事になると、1日6本程度、ヨーグルトの場合には、500グラム食べても、1日に必要な乳酸菌の数には足りないと言われているため、乳酸菌サプリを上手に活用する方がお勧めとなります。

このページの先頭へ